忍者ブログ
ADMINWRITE
趣味的ブログです。最近ニコマスPとしての日記になってきてるかもしれません。というか確定的に明らかか。
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

延期されたアイマスライブに行ってきました。延期のため平日、しかも木曜になったのは厳しいですが仕方ありません。

ところで平日の5時開場6時開演とか、ちょっと無理。実はこの日はあるもののリリース日で、そもそもライブ自体に参加できない可能性が高かったのですが、なんと前日に不具合が発覚。俺死んだ。絶対に死んだ、とこのときは思ったさ。

さすがにここで、おなかがいたいからやすみます。なんてことを言うわけにもいかず、出勤。そしたら、

そんな不具合ものリリースされても困るから29日までに出しなおせ(意訳)

って言われた。委託開発なので、コンプライアンス上、手を出すのはいけない(法律違反)なので、日程調整だけして。なんと5:15に会社脱出成功(ぉ)。

しかし、はっちは遠い。到着は6:20くらい。要は遅刻。15分くらい押してくれてないかな、何曲か歌ったかなと思ってたら、なんとトーク中。よかった、と思ったのはこのときだけ。実は開始即クライマックスがあったんだ!

レイヤーの火月さんが、中村先生やミンゴスにいじられて(マイク渡されて)、スクリーンにぶち抜きされてたらしい。

いや、本人は、

あのけまらしい奴は誰だってライブレポートに書かれてライブレポなんでトラバリンクしまくりでこいつだよってブログにリンク張られて2ちゃんにも書かれてグーグルのリンクも張られてブログ炎上まで妄想した。

とか言ってたけど、本人がブログに書いているので書いてもいいんでしょう。
リンクは貼るけどトラバ自重しとこう。きっと大人気になるしw。

ということで、火月さんも現れたアフターの飲み会で話題に乗り遅れたおれ涙目だったというお話。

え。さっさとライブの話しに行けって?w
今回は6人(あとで+αなことが発覚するけど)が2名ずつに分かれて。2名がソロ2曲ずつ(MAとMS)、デュオで1曲の5曲を披露する形式。実は結婚前後の忙しさのため、MSは乙女大志とArcadiaくらいしかわからないのですがw。あと、MAのない人は既存曲で代用。

トップバッターはニゴちゃん(やよい)×はらみー(貴音)。その最初の曲はいきなり、キラメキラリ、ニゴソロ。やっぱこの曲は盛り上がるなぁ。サイリウムがオレンジ一色で、とてもキレイだね~♪。ちなみに有志が、光量の多いオレンジサイリウムを配ってたらしい。遅刻者にはなかったけどw。

次が中村先生(春香)×ひろりん(真)。まあ正直、ニゴちゃんたちの声量がオケに負け(ry)ので、ひろりんの迷走に圧倒されること。ただし黒いサイリウムがないのは、仕方ないこととはいえ残念。先生のときはちゃんと赤でしたね。乙女大志の私流格言をアドリブで変えてくるかと思ったけど元通りでした。むぅ。

その次がミンg…と思ったら。なんでも千早と小鳥さんのテンションが下がって歌えないとか(誰かファンレター出すんだ!)、小鳥さんは「むりぽ」とか言うし。なぜかやよいが出てきて、みんなで元気付けます!とかいう小芝居(笑)があったあと、例の音楽が流れます。これはあれですか。合唱しろということですか。それではみんなで。

「てってってー、てってっててー♪」


はい、弾幕が通りましたね、皆様ご協力ありがとうございます、お疲れ様でございました。座布団とはっぴがでてきて。そう大喜利。ノリがアイマスレディオだよなあ。座布団運びがウメP、司会がなんと、ぬーぬー(響の中の人)。最初から出して歌わせてあげろよw。ところでオレンジの人は「ちゃっらーん」をやらないといけませんよね。ニゴちゃんよくやった。

最初のお題はなんだっけ、「やよいが好きなもの1位はもやしですが、58位はなんでしょう」というもの。やよいの物まねをしながら答えるという制約がありましてw。個人的に一番面白いと思ったのは、ひろりん?の「雪国もやし」ですね。要は2位から57位まですべてもやし類だということですね、わかります。中村先生は「ニゴちゃんのつくったビーフストロガノフ」ときてましたね。たうー。

次は春香だっけ。「春香がダイエットを始めたそうです。なにダイエットでしょうか?」というお題。中村先生いわく、「千早ちゃんに教えてもらった、胸筋ダイエット!すごく痩せられるんです!」。来ましたねー、いつもの千早いじめネタ。とりあえず中村先生がもらいかけた座布団を奪ったミンゴス。「だって教えたの千早だし」ってw。まあ本人達が納得してればいいんですけれどw。

次のお題は、「貴音が月を見つめてたそがれています。なぜでしょう」。ミンゴス「34万円も出して悪石島に行ったのに…」って黒いことを言うなあ。ちと引いたw。

なんか音楽のライブレポと言う感じじゃないけど、まあしかたない。そういや、アイドルもののライブ行ったことなかったんだけど、サイリウム持ってると必然的に手拍子ができないよね。ちょっと不思議でした。

さて仕切りなおして次は、ミンゴス、じゅりきち、ぬーぬーのステージ。目が逢う瞬間の出だしでとちるミンゴス。ついでにアルカディアの出だし聞こえなかったけど、こちらは音響トラブル???

最後は全員出てきて、新曲「君はメロディ」。誰だ、「おれがメロディ!??」とかいった人w。

アンコールはLOBM。しかしあまり知らないのであった(ばき)。

アフターの飲み会で、クニオさんやかみたPに会えたのはラッキー。てか30人くらいいて、知らない人たくさんいたから、最初から名前覚えるのは放棄してたけどね!w

PR
行って来ました。実は5日くらい前に相方が足の負傷で行けなくなって、「チケ代はいらないよ」の条件で急遽相方を探したら、

・興味はあんまないけど、予定はないよ
・行ってみたいけど、予定があくかわかんない

という2名がいたので、後者さん基本で、これなくなったら前者さん(予定入りそうなら入れてくれていいおと言ってます)ということで手配しました。結局後者さんになりましたが。

てか、待ち合わせの前に某心斎橋のウェッジウッドで紅茶飲んでたのですが、ティーポット一杯(4杯ぶんくらい)に来るし、なかの茶っ葉は引き揚げることも底に押し付けることもできない=とっとと飲まないとどんどん苦くなる、という状態でして。ウェッジウッド茶を残すとばちが当たりそうだから全部飲んだよ!ライブ前に4回トイレ行ったけど、開始30分でまた行きたくなったよ!w

「なら飲むな」とか言われそうなのでこのへんで打ち切って内容。追加公演ということで、前回と同様のセットリストだったけど、新曲が2曲もはいってた!これで勝つる!

また、前回と違って、ダンサーが二人追加されてました。コーラス2名、ダンサー2名って、どういうこと…。あ、あと衣装も目新しいの追加だったなぁ。1曲めはダンサー2名含めてぶかぶかのYシャツ!りっちゃんの趣味きたこれ。じゃなくて。衣装の上にはおってるから、曲の終わりに一瞬はけて脱いできたけどねw。

おおむね調子よかった。相方も、1曲も聴いたことないのに喜んでくれて、「すごい声だった」「聴けてよかった」「でもこの声は聴けば凄みわかるけどCDじゃ伝わらないね」「でも次(ゴルフ)までに君のSAKURAベスト作ってきて(←言ってることがなんか矛盾気味だぞw)」とか。うー、甲斐があったってもんです。80分にベスト収めるの悩むなぁ…。

「ライブだから音が外れても仕方ない」みたいなことは一切ない。高音がどこまでも伸びる。バンドと、コーラスと、ダンサーと、なんていうかな、ソウルを交換し合って高めていく感じ。なんか久しぶりに純粋な歌を聴けてよかったです。

MAD…いつか作りたいけど、SAKURAだとネタを入れることができない(私の心情的に)から、総ガチで作ると。しんどいよなぁ。でも作りたくもなったなw。
少し前ですが。ひさしぶりにLive。SAKURAのなんばハッチ行ってきましたよっと。

そしてSAKURAライブとしても、久しぶりのフルバンド。SAKURAがウクレレ持つ場面が少なかったのがちょっと残念ですが、やはりバンドだと違います。ギターにベースにキーボード、ダンサー、コーラス、そろってました。

SAKURAライブは座って見る場合も多いのですが、今回はどばっと全員立ちましたね。私は立って見るほうが好きなんですが、今回は連れが足を痛めてたんで、できれば座っていたかったかも。

それと、今回の特徴は、SAKURAのダンスが多かったなぁ。ダンサー(プアリ)がいたからねぇ。

セットリスト、mixiコミュからもってきました。

01 I believe
02 Do it!
03 だいじょうぶ
04 コエヲキカセテ
05 Peace of Mind
06 Lavender Blue Sky
07 光のティアラ
08 いつまでも

09 IF YOU LOVE ME
10 Let's Go Dancing
11 ONLY FOR YOU
12 Angel eyes
13 SO FREE      *09-13はメドレー形式

14 LOVE 4 REAL
15 君のために
(アンコールその1)
16 虹へのプレリュード
17 I Love You ~優しく漂う愛のそよ風~
(アンコールその2)
18 Oh I...

I believeは、call & responseができる曲なのですが、まだやったことないです。やりたいなぁ。あと、Do it!。何気にこの曲好きなんだー。ダブルアンコールまであるのは意外。やっぱり、大阪だとL4R(ヘンな略し方するな)と虹プレはやりますよね。

ただ、今回、BUDDY TO BOOとか、言の葉がないのよな…。ダブルアンコールで出てきたときはBUDDYだと思ったのですが。まあ、OH I…も大好きな曲なのでいいんですが。
連荘ですが。ガナハミ目当てで。この日は、奄美出身者のイベントでした。入ってみてびっくり。オールスタンディングかと思ったら、後ろのほうに椅子があるのはいいとして、なんと前のほうにゴザがあります。で、みんなべったり座ってる。あまつさえお菓子の袋を持ち込んで食べたり。なんてライブ。

で、横にバーがあって、ステージが見えないのですが。ライブが進んでいくとそちらで酒盛りが始まる(笑)。

最初は貴島康男でした。パートは三線とボーカル。山元くんとかいうボーカルを引き連れています。なんでも、のど自慢に出たとかで。って何その自慢(笑)。
三線がけっこー出てきたけど、これがまた沖縄のものと弦が違ったりでいろいろだそうです。ふーむ。

次はネリヤ☆カナヤ。40台らしいけど、とてもそうは見えない二人組。ちなみにどっちがネリヤでどっちがカナヤとかじゃないそうです(笑)。男のほう(平田輝)がアコギとボーカル。女のほうが(武田まゆみ)パーカッションとボーカルです。ポップスな組み合わせですが、曲はばっちり奄美な感じ。

RIKKIは三線もって、なぜか大島紬着てます。1曲歌った後、再び出てきた貴島さんに三線譲ったりもしてましたが。

我那覇美奈は。TEARS~時間の中で~、終わらない夏、月の雫かな。他にも歌った気がするけど思い出せない(笑)。

最後はみんな出てきて大合唱…だったんですが。「みんな、踊りますんで椅子を横に片付けてくださ~い」って、どれだけフリーダムなライブなんだよ(笑)。踊り方も簡単に教えてくれました。「こう、手を上げて、襖を横に開けるように」らしいです。

しかしフリーダムなライブだったなぁ。これが奄美流ですか。
行ってまいりました。えっと、大黒さんのライブじゃなく大黒摩季とフレンズのライブです。フレンズというのは、武部聡志、土屋公平(元THE STREET SLIDERS)、恩田快人(元JUDY AND MARY)、真矢(元LUNA SEA)、大黒摩季が作るコピーバンド。いうことで、コピー曲が主体。なお。この人たちはカバーといわずコピーと言っています。アマチュア風に。まあカバーのほうがなんとなくえらそうだから遠慮してるんでしょう。

ところで15周年というのは大黒さんがデビューして15周年であって、フレンズ結成から15周年ではありません。なわけねーのはお前に言われんでもわかってると思いますが念のため。調べてみましたが、15年前といえばLUNA SEAとJAMは結成・メジャーデビューした年ですから。まあある意味こちらのお二方にも15周年ですか。というか同期生。

クアトロといえば左右の柱自重な箱なわけですが。この日は左側に陣取ってみました。相方は男のくせに背が低いのですが(w)、何とか見れる位置を確保。開演時間ギリギリだったのですがね。

セットリストかなり適当です。mixi読んでも2chを読んでもセットリストー、載ってないよ、あの曲順何回やっても覚えない(ライブつーもんはは1回こっきりです)♪ってわけで。そういや相方に聞いたのですがエアーマンカラオケ配信だそうですね。情報つかみ損ねるとは不覚。ってどんな脱線だ。

最初は良く知らない曲(ぉ)。最後に言ってたのが、フレンズのテーマソングらしい。というか最後に言うな(笑)。

MC入って、皆さん忘れてるかもしれませんが、ということで大黒摩季とフレンズのデビュー曲(笑)、「バスルームから愛を込めて」。「男なんてシャボン玉」の部分で観客の男を指差しまくってました(笑)。

なんか突然ステージ左に画面が出てきて、割と年配のDJな人が出てきて、「大黒摩季とフレンズがライブやるってことで、是非コレだけはやって欲しい…ということで。そうメンバーの皆さんが生まれる前に超メジャーになった人たちで…」さすがにこの時点で気づく私。「あ、一人そうじゃない人もいましたが」(武部さんは1957年生まれ)とか言って。もちろんビートルズですよ。2曲ほどやりました。

で、次にまた画面が出てきて、おじさんいわく、「このメンバーも音楽シーンを作ってきた」ということで、ここにいるメンバーの持ち歌も聴きたいとのこと。どうでもいいけど、これはテープなのか。

ということで。まずは真矢から。「TRUE BLUE」。HAEEEEEEE!。フリが追いつかずにずれる(笑)。ただ指差すだけのやつなのに。終わったあとのトークで、息があがっている大黒摩季。真矢に声をかけるとこれまた息があがってる。ちょ(笑)。
摩季「熱くなれとか、女性の中では速いねぇといわれるんですが、これはしんどいわ」
真矢「LUNA SEA的にはこの曲はミドルテンポなんですがね…」
摩季「再結成するのに、こんなんで大丈夫?」
真矢「そうですね…リハビリしときますわ」
摩季「客の人ももういっぱいいっぱいって感じじゃん」
そのとおりです(笑)。年取ったってことかなぁ。みんな(笑)。ところで、LUNA SEA再結成って初耳なんですけど。

お次は恩田さん。JAMの曲で合うのあるのかな?とか思ったら、普通に「そばかす」。なにやらYUKIの声まねをしようとしてる節があったけど、ぜんぜん似てない(笑)。というかヘン。まぁ、相方と焼き鳥屋でイロイロエスパーした結果、たぶんイロイロ検討したけど、どれ歌っても合わないから、代表曲歌ったんだろうなぁという結論に。こんなに声と曲が合ってないのは、矢井田瞳のカバーライブの「負けないで」以来。そういえばあれも、リクエスト1位だったから歌わないわけにもいかなかったんだよなぁ。投票者自重しるw

次は土屋さんだが…。サーセン、THE STREET SLIDERS知りません。ただ、THE STREET SLIDERSが札幌のライブハウスにツアーで行った時、当時高校生の摩季さん客としていったようで、お姉さん方に睨まれて怖かったとのこと。「後ろのほうで酔いつぶれてるお客さんとかもいて、黄色い声とか出せない雰囲気でした」とか。

お次はリーダー武部さんだが…特に有名なバンドは組んでないこの人。「最近はLOVE2オールスターズを組んでたんですがねぇ」って。最近?2001年に番組終わってるけど、最近?(笑)。いうことで、プロデュースしてる中で一番有名なユーミンから。
武部「まきぞうに合うユーミンの曲を探したんだけど、ぜんぜんないんだよね」
武部「守ってあげたいはその必要ないし…」
武部「やさしさに包まれたならって感じじゃないし…」
摩季「どっちかというと厳しさに包まれてるよね」
武部「卒業写真は燃やしそうだし…」
武部「でもこの曲だけは合うんですよ」
摩季「そうそう、是非聞いてよ」

ということで、「真夏の夜の夢」。MC聞いてる間にこの曲かな?と思ってました。まぁ、曲は出てきたけど曲名が出てこなくて相方に聞いたのですが(笑)。なんか前のほうで完璧っぽいフリで踊ってる人がいたのですが(笑)。

本日のトークで一番笑えたところ。歌い終えた摩季さんに。
客1「か~わ~い~い~」(よく聞くやつ)
摩季「(笑いながら)もうそれ古くない?」
客2(間髪いれず)「でもそんなの関係ねぇ!」
(会場爆笑)
摩季「(笑)一応ROCKしてる者として、おっぱっぴーまではできませんが」

すげーぇなぁ大阪。いや、おれも大阪人だけどさ。

最後は大黒摩季…なんだけど、忘れた(笑)。高校のころ、父親にスナックで歌わされたけど歌えなかったので今回歌いたいとかのことで、少なくとも知ってる曲ではあったんだけど…。うーん。

リクエストNo.1ということで。「プレイバックPart2」(山口百恵)。「何で私にこの歌を歌わせたいのかわからない」とか言ってましたが。「ちょっと待って」から「GOOD-BYE優しい声で」につなげてほしいんじゃないかなぁ、と(笑)。てか、歌詞はそれっぽいとは思うんですがね。

ここだっけ。佐野元春のSOMEDAY。楽しかった。"SOMEDAY"の部分大合唱。

この日一番の盛り上がりを見せたのが、「フレンズ」(レベッカ)。どう考えてもこのバンドのテーマソングはコレでしょう(笑)。

アンコールでは、「フレンズで出てきたから…と思ったけど、やっぱサービス!」ということで、「永遠の夢に向かって」と「ら・ら・ら」。「ら・ら・ら」はいつものように、「大黒摩季の老後の楽しみのために、みんなの声をテープにとってみようのコーナー」ということで、大合唱しました。

いつものように、年代別ららら。そう。ついに超マジョリティの30台に入ってしまったのでした。相方は同学年だけど、1月生まれなので20台。ぐはっ。年齢を感じる。しかし30台のパワーはすごいね。ちなみに40台が思ったより強かった(摩季さんもチョットびっくり)、フレンズライブだからでしょうか。大黒摩季のライブ初めてって人もかなり多かったので。

ちなみに声はメチャ出てました。ずっと声が病んでるんだけど、時々治るんだよなぁ、この人。何度か、「完治したか?」と思えることがあったんだけど、そのたびにがっかりしてるので今回は期待せずに次回を待ちます(笑)。
昨日、またCafe FishでLiveでした。SAKURA、Leyonaと、オープニングアクトのカコイミクです。例によって定時ダッシュ。しかし、行く途中、相方のチョコボさんが遅れるとのメールが飛び込んできて。まぁいいかということで、元町についてからは普通に歩いていきました。着いたのは開場5分後くらいかな。開場18:30、開演19:30です。

前もそうだったけど、そこそこオープニングアクトが曲数がありました。SAKURAの配慮なんだろうけど。これで後でえらい目に(笑)。で、次がSAKURA。普通はLeyonaからなんでしょうが、ま、遠慮したんでしょう。明らかにこのライブハウスを選んだのSAKURAだし。

いや、実は寝不足気味で。ドリンクのジントニック飲んだら眠くなっちゃって(笑)。曲目は忘れた(ぉ)けど、最初の曲で、「あ、今日は調子いいな」と思いました。以前Cafe FISHでやったときは調子が悪かったんで、ちょっと気になったのです。ま、SAKURAが調子悪い時ってめったにないのですが。

歌った記憶があるのは、LOVE 4 REAL、Life goes on~さくら咲く季節へ~、Peace of Mind、だいじょうぶ、君のために(ちょっと久しぶり!)、BUDDY TO BOO。

Leyonaはアコギを持って出てくる。相変わらず、ハイフレットをたたきつけるようなかっこいい演奏。以前キャンドルナイトで聴いた曲も何曲か歌ってました。

最後アンコールで。LeyonaがSAKURAを呼んで、お互いの持ち歌を2人で歌います。SAKURA側はsista sista。今回の状況にぴったりな曲ですが、いかんせんLeyonaのキーが届かず(笑)。さらに、カコイミクも呼んで、以前のキャンドルナイトでやった"No woman cry"、

しかし!入れ替えに時間をとったこと、オープニングアクトも結構長かったこととかもあって、終わったのは11時。3500円で3時間半Liveを聴けてお得という面もありますが、神戸は遠いんだって。家に帰ったのは日付が変わった後でした。相方のチョコボさんは翌日5時半とか言ってましたが無事にいけたのでしょうか(笑)。

すみません、今回はこの辺で…。
フリーライブ、JA共済ひょうごpresents「BReeZe in KOBE」に行ってきました。またメリケンパーク。ちょっと遠いけど、なにしろタダ(前も言ったなこれ)。

でも…電車で向かってて、神戸に入ったくらいから雨が降り出す。元町についたときには本降り。なんでだー。ガナハミは筋金入りの晴れ女です。以前、パークスの屋上でやったときも、彼女の出番になると雨がからっとやんだことあり。

6時開始なんですが、元町の駅で、雨天中止かなーとか、携帯のフルブラウザで調べてたら、雨がやんでくる。ああ、夕立なのね。とりあえず、向かって…着いたところ、ステージにはテントが張られてて、スタッフがどたばたしてる。蜂の巣をつついたというか、蟻の巣をつぶしたというか、そんな感じ。その甲斐があって、15分遅れながらもステージはスタートしました。

最初のアクトは、「倭ジェロ」こと「倭製ジェロニモ&ラブゲリラエクスペリアンス」。10人。WAGEROと書きますが、倭ゲロじゃなく倭ジェロです(笑)。10人の大所帯で、動けないのはドラムスとキーボードだけ。あとは全員動けます。ボーカル、ベース、ギター、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックス、トランペット、トロンボーンという構成。これが、ただでさえテントが張られて動きにくいステージ狭しと走り回ります。みんなスーツ着て暑そうだし。

しかしこういうユニットはひたすら楽しいですね。やっぱりショーなんで、ステージ上で動くことがいかに楽しいか。さらに、管楽器なので左右に振り回せる。そして、コアファンと見られる人たちまでそれに合わせて腕を右に左に。これは楽しいなぁ。スカパラは見たことないけど。ただ、ボーカルの歌はあまりうまくないと思ったけど(ぉ)、それでもも一度見に行きたいライブでした。

「関西人」とかいう曲が面白かったなぁ、関西人はエスカレーター右側なんちゃらとか(笑)。

さて、お次は我那覇美奈。パーカッション・ギター(ウクレレ)・ボーカル&ギター(ウクレレ)の3人構成。

1.寄り道
あいかわらず出だしで声が出てないガナハミ。だから控え室で一曲歌って来いと(笑)。この曲、ライブで聴いたのは初めてです。ただ、パーカッションが効いてるアレンジなので、今日の構成にはうってつけですね。

2.Cinnamon Chai
この曲だっけ。演奏しだすと。ボーーーと、すごい騒音が。なんだ?と思ったら、なんと船の汽笛。今まで、車の音、電車の音を背景のLiveってのはありましたが、船の音を背景のLiveなんて初めてでした。うん。

3.あたらしいくつ
4.月の雫
今日は雨で、月は見えませんが、奄美で、月を見ながら作った曲です、ということで、「月の雫」。この曲を演奏しだすと、ますます雨が強く…。だから、ガナハミは晴れ女だったはずでは…。どっかそのへんに雨男か雨女がいるのか?

そこらじゅうで、タオルを頭に掛けるなど、雨対策が始まりますが、私は傘しか持ってないので放置。傘はさすがに迷惑でしょ。と思ったら、おれの斜め前のやつが傘をさしたっ!やめとけよぉ。

5.終わらない夏
夏といえば甲子園、ということでこの曲です。神戸ですし。ただし、雨がざーざー降ってる中ではちょいとそんな感じでもなく。間奏で、「雨、あがれー!」とか言ってみたりしますが効果はあまりなし。

ここでガナハミの出番は終わり。お次はいきものがかりだけど…さすがにこの天気。撤収だぁ。めでたしめでたし。

…と、思って、元町の駅に着いたら、電車が止まってる。前にCafe FISHのライブにきたときも止まってたなぁ。そもそも、元町駅は2回しか利用したことがないのに、2回とも電車が止まってるってどういうことですかい。次のCafe FISHではそんなことないと思うけども…。
さて、また定時ダッシュでLive行ってまいりました。今度は、心斎橋クアトロでのsurface LIVEです。

開場時間は18:30。17:45に出ようとしてたら…。出張でこっちにきてた上司に捕まる。ぎゃー。結局、出たのは18:00で、クアトロに着いたのは19:00すぎくらい。でも、同行者のKAZさんは、「今入ったとこ」とのこと。なんかすでにお疲れのようで、入り口のところにいました。結構入場手間取ってたのね。というか、最近のライブこんなギリギリの線ばっかりだな。開場前に着くということが、あまりない。

ドリンクは、ライブハウス定番のZIMA…と思ったら、ない(見つけられんかっただけかもしれんが)。ZIMAを置いてないライブハウスなんて、カレーのない社食みたいなもんだ(何)。テンション下がったので、水でいいや。エビアン。よく考えたらおれ硬水苦手なんだけど…。

クアトロは横長のライブハウス。横長は明らかに合理的なのですが(某パン工場は構造おかしい)、でっかい柱が2箇所(リンクの中の黒い四角ね)にあるのが難点。それでも、右の柱の右から、そこそこ見える位置を確保。左でも右でも良かったのですが、surfaceの立ち位置(中央椎名・上手永谷)を考えると、条件同じなら明らかに右のほうがいいよね。実は、スピーカーに遮られて永谷君はそんなに見えなかったのは内緒です。

さて、出てくるsurfaceの面々。実はあまり予習してないんだけど(だって先週金曜まではcafe fishのためにSAKURAの予習してたので)、まあ、最近のライブでは知ってる曲のほうが少ないことが大半なので(ワンマンあまり行ってないから)、別にいいや。

えと、半分以上知らない曲だったので(ぉぃ)セトリ出すつーおこがましいことはやめといて。

出てきていきなり、今日も天気が悪く…と言う椎名君。そう、surfaceは折り紙つきの雨男。またまたまた雨だったのです。おかげでKAZさんなんて傘が邪魔で大変そうでした。私は折り畳みだったんですが。ねえ、これなんかの役に立てられないでしょうか。四国でライブやりまくるとか…(笑)。

椎名君いわく、surfaceはあまりフリがないので、客のやるフリをパクってる、らしいんですが。私がライブ行くアーティストの中でダントツにフリが難しいんですが(笑)。

DEEN…ソデソデダンサーズがいたころは結構あったけど、彼らがリストラ?された最近はそうでもないよね。Break5くらいまでだっけ?<ソデソデダンサーズ(誰に聞いてる(SEIKAならわかりそうだけど(ぉ))。おかげで、最近「ひとりじゃない」とか「手ごたえのない愛」とかのフリが消えていくのに時代を感じます(涙)。
ヤイコ…音楽以外の演出はしないという主旨のことを言ってる。ノセられて、まだブレイク前のビリーズブートキャンプ踊ったくらいか(笑)。それにたいていギター持ってるからむりぽ。
SAKURA…アマプアリとのライブの「だいじょうぶ」くらいかなぁ。あれはきれいだった。それにたいていウクレレ持ってるからむりぽ。
我那覇美奈…それにたいていギター(ry
大黒摩季…この人はたいていボーカル専業だから、やってもいいと思うけどね。「南風に乗って」くらいか。

ということで、私の中ではsurfaceが優勝!DEENが5馬身くらい離された2位です!(なんの順位だ)

で、フリが少ない云々の椎名君は、モー娘とかと比べてたのか?(笑)。

ところで、椎名慶治って、FUJIWARAの藤本に似てるね!(ぉ)。ということで(どういうことだ)、椎名慶治の、一言ネタコーナー~♪「こんばんみ、ナウい椎名です」云々…。なうですか。そうですか。ウケてたけどね。まあ、この空気なら、何言ってもウケるんでしょう(笑)。たしかナウいは、もう一度使ってました。

ところで。クアトロって、「SURFACEのファーストツアーで来たらしいんですよ」という椎名君。いや、「らしい」って何よ。開場から総突っ込み。ちなみに永谷君は覚えてたらしいです。そりゃーそーだよなぁ。何かと「苦情は永谷に。俺は話す係。永谷は聞く係」のテンドンで切り抜けていた椎名君集中砲火(笑)。「まあ、そんなハコなので初心を忘れず」とか言うものだから、突っ込みは加速して火だるまに(笑)。

後半のノリノリの曲あたりでは、よくモニターに乗ってました。いや、足元が見えたわけじゃないですけど、たぶん。

アンコールのコールは、「椎名・喬夫」コールです。本人は嫌がってますが。まあ、本人が、ライブ披露の新曲のリリースに関して、「人がしてほしいと言ったら、する気なくなるんだよね」とか言ってたので、まあ因果応報といったところでしょうかね。ちなみに本人のリクエストは、「もう一回」らしいですが。

アンコールの最終曲でのフリは、「How are you?」ということで、まあなんとわかりやすいフリ。もちろん、「アイムファインセンキューアンジュー」ですね。

最後は、本人リクエストの「もう一回」の連呼でダブルアンコールに引っ張り出しました。盛り上がったねぇ。
行ってきました。SAKURAの久々のワンマンライブ。SAKURA地元の神戸のcafe fishで行われました。

今度は、ちょっと前に発売されたアルバムが、G.L.M.を引っさげてのこととなります。アルバムは発売日に大日AEONで買いました。

その日は、賞与支給日で、5時退社日。しかし、元町のcafe fishの開場は6:30。きわめて微妙です。久々に電車の時間を精査。17:20の快速に乗れば、旅程62分で、元町には18:22に着きます。そしたらダッシュで開場に間に合います。

今回の同行は、マイミクのチョコボさん。私より早く着いたので、列に並んでくれたのですが、先に一人で入ってもらうような形にはしたくなかったので、急ぐ急ぐ。

電車は2分遅れたのですが。つーか、こんなに精密に計算したのに、何とか列に並んでるチョコボさんを発見。まにあったー。入って、4列目を確保。

最初は、オープニングアウトのNAO。ピアノ弾き語りでした。4曲ばかし歌って去っていきました。まだメジャーデビュー前のようですが、しっかりファンがついていて、私の前にいた人がそうでした。写真をぱちぱち撮って(いいのか?)、NAOが帰った後去っていきました。ラッキー。3列目に移動(笑)。

しばらくして、SAKURA登場。セットリストは記憶につき不完全もしくは順序間違いがあるかもしれないのでお気をつけて。

* Life goes no ~さくら咲く季節に~
のっけからなんですが。歌い始めた瞬間に、「あれ、今日のSAKURA調子悪いな」と思いました。後から聞いたのですが、チョコボさんもそれは思ったようです。ただ、徐々に回復したけど。SAKURAの歌唱力の安定感は抜群で、調子悪いなぁと思ったことは、いまだ2回目ですが。ちなみにチョコボさんの見解は…いや、いいや(笑)。

ちなみに1箇所歌詞を忘れて、「ルルル~」になって(笑)、楽譜を見に行きました。いつも持ってる、ピンクの楽譜帳ね。

* If you love me
久しぶりに歌います、ということでこの曲。コールアンドレスポンスあるけど、近すぎていまいち歌えない(笑)

* Peace of Mind
「一番そばにいる君の手をそっと握り締めてこのハートに当てよう」の部分で、なんと最前センターの人の手を取ってくれました。うらやますいー。ちなみにこの辺から声が戻った気がします。

* LOVE 4 REAL
この辺から早くも順番が怪しいので、間違っててもそっとしておいてやってください(笑)。さて、ウクレレで歌うこの曲。関西なら定番です。

*it's only natural
G.L.M.より。オール英語詞ですね。

* Diss-functional
アルバム聴いたときに思ったのですが、意外な曲調です。マイナーなラップ調で。あんまり聞かなかった曲調です。気になるのが詞の内容。自分のことだとしたら…。いつのまにか、旦那と別れてたのでしょうか。前回のライブのMCで、ふと「失意で神戸に戻ってきて…云々」と言ってたのが気になります。

* BUDDY TO BOO
ついにきました、この曲。ちょっと長めのMCはさみました。去年一年間で非常にたくさん歌ったのです、この曲。

このへんだったかなぁ、実はこの日、抽選でSAKURAとおそろのアクセサリーをもらえるという特典があって、当選者は、なんとステージに呼んでもらって手渡しです。いいなぁ。SAKURAからマイクを向けられて、「今日は何を歌っていただけますか」と振られて、「だいじょうぶを歌います」って。なかなかノリがよいことです。

* いつまでも
* 新曲(曲名未定)
このへんで、オープニングアクトのNAOを呼んで、なんと「今日のために曲を作ってきました!」ということで。まだ、タイトルもついてないスペシャルナンバーです。ちなみに一応デュエット形式になってます。

* sista sista
デュエットなので、そのままSTAR NAVIGATION歌うかと思ったが、NAOはすぐに退却。で、sista sista。あっちこっちのsistaを指差して歌い上げます。

* だいじょうぶ
最終曲。わりとあっさりと始まった前奏を遮って。ここで2番目の、抽選プレゼント。実はスノボーの選手を目指したかったというSAKURAの過去がカミングアウト(笑)されて、近くのスノボー&サーフィンショップ、PLUS.SのTシャツのプレゼント。でもサイン入ってないと、あまり意味がない気がするのは私だけでしょうか。

で、歌い始めると、なんと上から降ってくるハート型の風船。これは、SAKURAにとってもサプライズだったようです。仕掛け人はcafe fishの北村さん。みんなで風船振り回して最終曲を熱唱。

[encore]
* The Rose
えっと、例の歌(ぉぃ)。洋楽のカバーのあれです。

* 光のティアラ
最後は「君のために」かとも思いましたが、この曲。サビ前が「だいじょうぶ」に似てるのが気になりますが(笑)、アルバムのオリジナル曲の中では一番好きです。

SAKURAさん、前奏のウクレレソロで間違えて、「間違えた」とか言って演奏を止める。野口亮大笑い。で、最初からやるのかと思ったら、なんと続きから。さすがSAKURA。そしてそれに遅れずについていく野口亮。こちらもただものでもない。

終わったあとは、いつもの握手会。もっとも、参加するのは初めて。二人とも自分をアピールする作戦に。

チョコボ「去年のクリスマスイベントで司会してたものです」
SAKURA「ああーあのスカイビルの!お世話になりました m(_ _)m」
私「以前の三田のライブでリクエストさせてもらったものです」
SAKURA「ああーあの言の葉の!」

なんだこの二人(笑)。

まあ、そんなこんなで、サイン入りチラシをGet。



ちなみに、空くん(SAKURAの子供ね)がチラシを配り歩いていました。かわええなぁ。

ちなみに、そのあと、チョコボさんの先輩の、FM宝塚の方にも挨拶、挨拶。もう、チョコボさんは、ライブ中からちらりちらりと気にしてましたよ(笑)。連絡先交換できてよかったねぇ。ブログもみーつけた。

しかしやっぱSAKURAの歌声をずっと聴きつづけられるのはいいよ。もはや定番の「BUDDY TO BOO」も、「だいじょうぶ」も、他の曲も。
行ってきました。ORGANIC TRIP NITE 2007。

6時開場の7時開演。一人で1時間待つものつらいし、チケットにA38番って書いてあるから、もしかしてパイプ椅子の指定席かもと思って、7時に行ったところ…オールスタンディング、しかもオープニングアクトのSomaが歌い始めてる。よく見たら、確かに、オープニングアクト:Soma(18:50~)って書いてある(ちゃんと見とけよ)。ところで、ニューラルネットワーク研究してた人間としては、Somaって言われたら細胞体としか思えないのですが…(笑)。

で、最初はwyolica。Liveは初めて聴くアーティストです。ボーカルazumiと、アコースティックギターのso-toからなるユニットです。あと、サポートでパーカッション。女性のパーカッショニストです。小野かほり以外で初めて見たなぁ。しかし、ドラムよりパーカッションが、エレキギターよりフォークギターが好きな私としては、大好きな編成です。

いや、編成より先に思ったのが、「この子、安室奈美恵か?」っての。だって、おでこが広いんだもん(笑)。「これは、沖縄出身か!?」って思って調べたら、北海道出身。ざんねん(何)。

え。そんなことよりパフォーマンスの感想を書けって?スイマセン(笑)。すばらしいですよ。トップバッターなのに、so-toのギターパフォーマンスがすごい。azumiの声も透き通ったミルキーボイスで、好きな質です。

ただ、ORGANIC TRIP NITEという性質上なのか、パーカッションのパフォーマンスが脇役的扱いになってたのが残念。あと、新曲の「星」の先頭のギターソロで、so-toのフィンガリングノイズが、すごく耳障りでした。フィンガリングノイズそのものは割りと好きだし、バンド編成だったり、ボーカルが入ってるときだとそれほど気にならないのですが…。しかも途切れなく鳴ってるからなぁ。あ、フォローするわけでないが、歌が入ってからはフィンガリングノイズは気にならず、またすごいいい曲でしたヨ。

あ、どーでもいい突っ込み。azumiは水を頻繁に飲みます。私が知ってる中では、大黒摩季が一番飲むと思うのですが、アレは声がすぐ嗄れるから。azumiはそんな嗄れてるとも思えないのですが…。

で、1曲め、出てきて、歌う前に飲んでました。すいません、突っ込んでいいですか?

「なら、出る前に飲んできたらええやん!」

ま、癖というか、プレショットルーティンならぬ、プレシングルーティンなんでしょう。

お次は、Keison。これがまた、ワイルドでハスキーで、ギター(アコギ)がうまい。so-toのギターを見て、うまいうまいと思っていたのですが(ならもちょっとほめろよ)、Keisonのギターパフォーマンスにはもう脱帽。それでいて歌うのですから。あと、ストロークだけじゃなく、アルペジオ、アタックミュート、自由自在。勢いあまって隣の弦を弾いちゃう事もなし(広沢タダシさんごめんちゃい)。

こんなにうまいギターは、田川伸治くらいでしょうか。あと、この人が曲の合間に、なんか缶ジュースみたいなの飲んでたけど、これ缶チューハイ?

最後の曲では、「友達を呼ぼうと思います」ってことでサポートミュージシャンが出てくる。ペットを引っさげてきたから吹くのかと思えば、なんとギターと交換。Keison本人がペットですよ。でも、ギター弾くなら、普通自分のを出してくると思うんですがね。弘法筆をえらばずってか?かっこええ(笑)。

去り際に、「次はSAKURAです」と、ボケたのかマジボケなのか微妙な一言を残して去っていきました。ま、突っ込んでおきますか。

「もうSAKURAしかおらんやろ!」

さてさて、最後はSAKURA。

暗転で、ちょっと先に出てきたのは、先週と同じく、野口亮(アコギ)。客が思わず拍手してしまったのに、しばらくSAKURAが出てこないもんでちょいとばつが悪そう。

1.BUDDY TO BOO
で、そしてSAKURA登場。なぜか持参したレイをマイクスタンドにひっかけて演奏開始。一応、アルバム曲なのですが、最近のLiveではもはや定番ですね。いつ聴いても、涙が出てくるくらいいい曲です。SAKURAの声が、BIGCATのすみずみまで行き渡るような感じでした。

2.言の葉
ちょっとひさしぶり。もっとも、私はこの曲が大好きなんですよ。いつぞやのLiveで、リクエストしたくらいで。ウクレレが最高。クラシックギターも合いそうなんですけど、試してみてくれませんかね?(誰)

3.life goes on ~さくら咲く季節に~
実はひそかに期待していた、新曲。だって、もうアルバム発売目前だもんね。突然オケでびっくりしました。歌詞の趣旨は、完全じゃなくても愛してるとか、そんな感じでした。

4.Pajaro del Paradiso
なんと、南米(エクアドルだっけ?)のファンで、SAKURAのカバーをしてるという方から送られてきた。スペイン語バージョン!と、元のバージョンを組み合わせたSpecial Version。

ただ…この曲を聴いて、どの曲かわからなかった!うっ…不覚。LOVE ON WINGSの曲ですね。最近、ピックアップしてしか聴かないから…。。

5.Peace of Mind
この曲、ギターとウクレレがあれば足りるんでしょうが、今日は敢えてシングルバージョンということで、オケ。おれ、あんまりオケは好きじゃないんでしょうが、ワンマンライブじゃないと、バンド組むのは難しいから、しょうがないかなぁ…。

さて、歌い始めたSAKURA。

「平和ーな世の中だーと人は言うーけどー♪」
「いつにーなれーばこの涙乾くのー」
「今日もこの地球のまんなかで~~♪???」

で、突然停止。オケまで止めてしまうとはさすが。

「今、SAKURA、地球のまんなかでって歌わんかった?」

めっちゃうなずく野口亮。

「あかんやん、地球の真ん中だと溶岩まみれになってまう」

会場、ひと笑い。ごもっとも。2番の、「くりかえす毎日のまんなかで」と混じりましたね。ということで、歌いなおし。こころなしか、手拍子が大きくなりました(笑)。

6.だいじょうぶ
ということで、これもオケ。「だい~~~じょうぶ」の部分のフリは、結構しっかりやってました。まあ、フリってほどじゃないんでしょうが。いつぞやのワンマンライブで、アマプアリがいたときは、全員で一糸乱れぬフリをしてくれたもんですが。

オケと言うことでコーラスが入ってて、「だいじょうぶ、だいじょうぶやで」前が結構しっかり聞こえてご機嫌です。オケもいいね(ぉぃ)。

encore
1.いつまでも
アンコール。どっからどう見てもセッションの準備整ってる(スタンドマイクがあちこちににょきにょきある)のに、とりあえずSAKURAピンで1曲。

2.ONE LOVE(Bob Marley) with Keison/wyolica/Soma
ということで、SAKURAがみんなを呼ぶ。今日出演のアーティスト全員と、サポートメンバーが出てくる。ちょ。このメンバー、歌のうまい人と楽器のうまい人が大量にいるんですが。なんと素晴らしいセッションでしょうか。楽器も全員ソロやって、客席も合唱。感動のフィナーレ。これで4000円はやすいべ~。レベル高いライブでした。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ価格
最新コメント
(07/16)
(06/11)
(05/31)
(11/12)
無題(返信済)
(09/29)
無題(返信済)
(08/24)
無題(返信済)
(08/18)
無題(返信済)
(07/04)
(06/18)
無題(返信済)
(05/23)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
二階堂P or けいぽー
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
ニコニコ動画

アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 二階堂Pのニコマス他の日記 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]