忍者ブログ
ADMINWRITE
趣味的ブログです。最近ニコマスPとしての日記になってきてるかもしれません。というか確定的に明らかか。
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年も行ってきました、100万人のキャンドルナイト。去年のこの日記の2番目の記事でしたから。仕事の後直行。ちょうど開始時間の19:30位に着く。最初に、本日の出演者の順番を教えてくれる。何気にうれしい。

広沢タダシ→Leyona→SAKURA→リクオ

です。

ということで最初は広沢タダシ。相変わらず細くてかっこいい。この人、なぜかGRAPEVINEのボーカル(田中和将)とかぶります。ただ…なんかギターの演奏で、隣の弦も勢い余って弾いてしまう事が多かったのが気になりました。ただ、それさえ除けば、声もいいし、曲もいい。

お次はLeyona。持ってたのはクラシックギターかな?曲の途中で、8時になったのでライトダウン。でも、おかげで顔が見えないぞ?

で、とうとう(?)SAKURAです。セットリスト。

1.BUDDY TO BOO
2.いつまでも
3.だいじょうぶ
4.Peace Of Mind

with Leyona
1.NO, WOMAN, NO CRY

セットリストに関しては、Leyonaとセッションした以外は、おおむね予想通り。今回はギターの野口亮さんがいます。もちろんSAKURA本人はウクレレ。

BUDDY TO BOOは、何度聴いてもいい曲です。Liveで聴くと一段と、またよい。「だいじょうぶ、だいじょうぶやで」も聴けたしぃ~。この曲の「だい~~~(じょうぶ)」と伸ばすところでは、この声はビルの上まで届いちゃうのかと思いました。で、最終、今日のテーマとしては、やっぱりPeace Of Mindなんでしょう。

リクオさん、すびばせん、翌日から旅行だったので早々に退却しました。

で、帰りがけに携帯カメラでキャンドル撮影。きれいだーね。
candle.jpg








PR
日曜~月曜、我那覇Liveに行ってまいりました。

日曜は、寄り道バール@大阪。寄り道バールは通常東京でやっている、マンスリーライブですが。これを大阪でやってくれることがまず大事件。それに、行ってみたらわかったのですが、原宿ペニーレーン(一度だけ、出張がてら行ったことがある)よりよほど広くて、いい感じの箱でした。屋内なのに、昼間でお日様が差し込むのが良い感じ。さらに、ソファー席もあって。カップルで来てそこを占領できたら最高ですね!(笑)

前回行ったときは、全編カバー曲(最後1曲だけ自分の曲)だったんですが、今回は後半は基本的に自分の曲。中でも、「逃げ水」を歌ってくれたのに感動。あとなに歌ったっけ…。君に届くまで…。All I wish?スタイル2?だっけ?その後今までにライブ2本行ってるからごっちゃになって忘れた(ぉ)。最後にアンコールで、「明日歌わない曲」ということで、「月の雫」歌いました。ちょ。それって明日行く人にとってちょっとネタバレ?(笑)

月曜は、1179、MBSラジオ「U.K.チア・ミュージック」のLive LoveEggってイベント。U.K.といえば、"Music Edge"で、サングラス犬のジョンさん(正体はバーバラよね)にいぢめられてるイメージしかないんですが、「イケメンDJ」路線で仕切ってました(笑)。

我那覇美奈のミュージシャンとしての出番は3曲のみ。仕事の関係で途中参加になっちゃったんで、もう歌い終わってないかと思ったのですが。

風になりたい、風を見たかいを歌ったのは覚えてるけど、あと1曲は何だったっけ…。ただ、いくらにぎやかなイベントとはいえ、オケはやめてほしかった。たった3曲のためにサポートつれてくるわけにも行かなかった、のかなぁ。ついでに、前日から見るとだいぶ調子悪そうでした。もっとも、我那覇美奈はスロースターターなんで、ある意味いつもどおりなのかもしれません。

そのイベントはほかにもいろんな人が出てて、アーティスト。音楽のアーティストじゃなく、芸術のアーティストのほうね。が、即席でコラージュを作ってみたり。なぜかメイド服着た女マジシャンが出てきたり。楽しいイベントでした。
矢井田瞳 ZEPP OSAKA行って来ました。18:00開場19:00開演ですが、オールスタンディングなので、いい場所をとろうと思ったら開場時間に来なくてはなりません。職場からZEPPまでは1時間半かかると踏んでたので(実際、だいたいそのくらいかかりました)、そのためには16:30に職場を出なきゃなりません。

無理。あきらめ。つーことで、後ろでいいや、まったり見ようと思ったのですが。確かに後ろにはなりましたよ、人が満杯で。しかし、ヤイコ+オールスタンディングでして。これでまったり観るというのはインポッシブル。結局大盛り上がりとなりましたとさ。ちゃんちゃん。というかですね。最近スタンディングでガンガンやるライブ参加してなかったことを痛感しました。なかなか消耗しますよねぇ~。

追加公演ということで、セットリストも結構変えてきてました。

1曲目が「月のなみだ」。関西公演では一貫して「御堂筋PLANET」だったんですがね。御堂筋PLANETは、後半、「雨と嘘」の次にきてました。

4公演でアンコールラストだった「37.0℃」が、アコースティックコーナー(もっとも、スタンディングなのでヤイコも立ってました)に。また、アコースティックコーナーでは、今回のツアーで省かれてたララライ(Life's Like A Love Song)が入ってます。

また、キーボード弾き語りが、「Over The Distance」から「チェイン」に変わってました。ヤイコのキーボード弾き語りというと、「Over The Distance」じゃなきゃ、「この恋はしまってしまおう」というイメージがあったのですが(前者は回数、後者はいつぞやのツアーでのダブルアンコールのグランドピアノのイメージ強し)、たしかにチェインもキーボード向きの曲ですね。ちなみに、ララライの次がこの曲になります。ララライ~Over The Distanceではクドくなるなぁと思ってたら、チェイン弾き始めたので面食らいました。さすが、私が考える程度のことは、バンド側も考えるということでしょうか。

ちなみに削られた曲は、「ねえ」とか「アンダンテ」とかでしょうか。アンダンテを削ってくるとは思わなかった。

アンコール最後で、IT'S A NEW DAYのシークレットトラック(「今日のための弾き語り」とか言うらしい)をやりました。歌詞一部変えてたけど。「大阪で出会えてよかった」だっけ。
前にもちょっと書いたけど、FM802の招待Liveに行ってきました。FILED OF MELODIESとかいうイベントで、なんばHatchでのLiveです。出演は、SAKURA、つじあやの、DEPAPEPE、HARCO。ちなみにスポンサーとしてYEBISU BEERがついてて、新発売のYEBISU THE HOPが前面に押し出されてます。具体的には、例のベンチがあちこちに設置されてたり、ドリンクコーナーで売られてたり、最後出るときに一人一本配られたり。ちなみにHatchですが、やはりパイプ椅子でした。やっぱ座るのは楽でええわー(おっさん)。

さて、肝心のLiveのほうですが。司会はFM802の浅野さん。このLive音源を、5/6と5/13にON AIRするみたいです。今日のお役目から、空気(脇役)に徹してましたけどね。まずはHARCOが単独で出てきました。この後の全員もそうだけど、Hatchのステージが結構広いのに、一人や二人では若干さびしさが隠せません。しかも、全員かなり穏やかな感じなので、立つこともなく、まったりと聞いてました。

実はHARCOさんは、この道10年のベテランで、ピアノを弾き語る人。その割には初々しい感じで、もしかしたら自分で歌うよりも、作曲とかするのがメインの人なのかもしれません。基本的にまったり弾き語ってましたが、途中から立ちだして、ラス前かなんかの曲では、最後にはピアノの鍵盤のところにすわって、「ジャーン」と弾いてました。で、最後に、「女性と思ってた人すみませんでした」とか、一発ギャグをかまして帰っていきました。

次、舞台転換の幕間があって、ウクレレが置かれます。そう、つじあやの。HARCOもそうだけど、わりととつとつと歌うのが、今日の雰囲気に合ってます。しかし今日のトークは客を考えると大変難しい。「今日は、お仕事帰りですか?」(会場静まり返ってる)「あ、お休みですか?」(引き続き静まり返る会場)「あ、どちらでもない」っておい(笑)。結構うまいじゃねーか。ちなみに今日の同行者は、マイミクの(というか昨日マイミクになった)チョコボさんで、司会の仕事も結構やるもんで、「これいただき」とのことでした(笑)。唯一知ってる「風になる」は歌いませんでしたが、やはりイメージとおりのやさしい歌声でした。ちなみにウクレレはSAKURAよりうまいと思いました。さすがに、ウリにしてるだけはあります。

その次、DEPAPEPE。知らなかったんですが、インストユニットだったんですね(それくらい調べとけ)。アコースティックギターのインストなんですが、やっぱり、アコギのソロはかっこいい。それが二人もいるもんだから、もう絶頂ものです。1弦でベース音を出す。ハイフレットで盛り上げる。

しかしそれだけではないです。DEPAPEPEの魅力はそのとぼけたトーク。なぜか、面白い。単にライブの告知しても面白い。この不思議さは文字では伝えにくいけど、会場ではえらく受けてました。まあ、ひとつだけ。「YEBISU THE HOPいいですねー。あのCM出たかったんですけど、なんで呼ばれなかったんでしょうか」「モヒカンだからじゃないすか?」とか。そんな感じ。

最後は、いよいよSAKURAです。セットリスト。

BUDDY TO BOO
LOVE 4 REAL(第三の男バージョン)
いつまでも
Peace Of Mind
だいじょうぶ

新曲を2曲ともやってくれたのでハッピーです。「だいじょうぶ」が大好きなもんで、「Peace Of Mind」の時点で、「ああ、2曲ともはやらないかなぁ」と思ったのですが。

もちろん、「だいじょうぶ」のセリフ、「だいじょうぶ、だいじょうぶやで」もありましたよっ。大阪なので、「LOVE 4 REAL」か「虹へのプレリュード」(どっちも大阪弁の曲)やるかと思ったのですが、今日はLOVE 4 REALです。

ただ、A.pu'ah-liはいなくて(まあ、さすがに今日の構成で呼ぶわけには行かないでしょう)、だいじょうぶのフリがなくなってたのがちょっと残念。連れはもっと残念がってましたが。ドディーはこないの?とか(笑)

最終曲の「だいじょうぶ」では、今日のアーティストで唯一、席から立って、ステージの端から端まで歩いて歌いました。うん。いいLiveだ。

ちなみに全員、申し合わせたわけでもなく、「第三の男」(YEBISU BEERのCMソング)をやりました。DEPAPEPEが一番すごかったけど(笑)。SAKURAのLOVE 4 REALの第三の男バージョンってのは、私が勝手につけた名前で、出だしと最後に第三の男のメロディーがくっついてるってもんです。

さて、SAKURAが帰った後、最後は全員出てきて、セッション。曲はつじあやのの「パレード」。浅井さんから仕切りを頼まれたSAKURAは、「みんな**さんと思いで作りたいやろ?」ということで、順々に合唱?する。つまり最初がHARCO、次がつじあやの、その次がDEPAPEPE…って、DEPAPEPEは歌思いっきりはずすし!ここでSAKURAの助け舟、「ギターでもええで」ということでDEPAPEPEはギターになりました。

えと。出口でYEBISU THE HOP無料配布してました。
あんなこと書いておきながら、翌日またフェスに行っちゃいました(ばき)。

いえね。mixi見たら、4/25と5/9のチケ交換しませんかって人がいたんで即決で交換して行ったんですよ。

・4/25は給料日で、どっちみち5時には職場追い出される。無理なくライブにいける。
・フェス、もう二度と行く機会ないかもしれない…。
・だぶついてる5/9のチケもさばけて一石二鳥。

ですもんで、急遽行ったのです。

でも、行ってよかった。2Fの後ろのほうだけど、フェスの音響は、どこにいても最高ですね。ステージもよく見える。

ということでプチライブレポ。この公演が千秋楽ということだけど、一応追加公演があるのでたたみます。
またヤイコライブ行ってきました。フェスティバルホール。

もうツアーも終盤で、気にする必要ないかもしれませんが、いちおネタバレということでたたみます。
Taiji All StarsのLiveに行ってきました。場所は心斎橋のクラブクアトロ。Loftの上にあるクラブです。ちなみにTaiji All Starsとは、シアターブルックの佐藤タイジのプロジェクトで、女性ボーカルをゲストに迎えて曲を作ってるようです。その中の一人がSAKURAなわけです。

さて。開場6時開演7時でして。まあ、今回は一人だし、是が非でも前を取るつもりはなかったので、6時15分くらいに入ったのですが、なんとか後ろのほうのいす席を確保しました。

ということで、暇。こういうときはメールする癖があります。運がよいと即レスが帰ってきて、ひまつぶしになるんですが。そしたらなんかDJが出てきて、CDをかけはじめる。それはそれでいいんだけど、こういうときにかかる曲はたいていよくわからん洋楽で…。。。I love rock'n rollきたー!いえ、その1曲しかわからなかったんですが。

ということで最初はタイジさんの歌があって。最初のゲストは松雪泰子。調べて初めて知ったんですが、松雪泰子は、シングル10枚、アルバム4枚をリリースしている、いっぱしのボーカリストです。てゆーことで、無難に歌ってました。SAKURAがシングル18枚、アルバム12枚。birdがシングル20枚、アルバム7枚なのに比べると少ないですがね。

次のゲストは…もうSAKURA。例によってウクレレもって出てきました。Taiji All Starsの曲はStar Navigation。これが、初めて聞いたんだけどいいんだわ。SAKURAは全力で声を出す曲ばかりを書いてるわけではないのですが(たとえば、LOVE 4 REALを全力で歌ったら変)。ひとたび全力で声を出すと、他を寄せ付けない声量と歌唱力に聞きほれてしまいます。佐藤タイジの声がかき消されるくらい。タイジさんいわく、「SAKURAは歌の先生」というだけあります。歌唱力ではSAKURAの上を行くアーティストはいないと思ってます。ただしマン振りSAKURAは滅多に見れません。Star NavigationはCDでもだいぶ加減して歌ってますね。

お次は、bird。こちらも地元。わりとアコースティックなアレンジで、しかもSAKURA渾身のStar Navigationのあとだったので…なんか声が薄さがきわだっちゃって…。いえ、典型的な変化球投手ですが。声量で決まるんなら、綾戸智絵とかどやねんって話になるし。Taiji All Stars名義では、「君が笑う方へ」の曲を出してて、もちろん歌いました。

次は、COLDFEETのLori Fine。ガイジンですよ。さすがの声量を誇る、Rockなねーちゃん。SAKURAくらいからタイジさんのトークがすべり気味(というかこの人、トークもそうだけど、煽り全般がえらい下手)だったのですが、この歌で持ち直したって感じですか。Taiji All Starsでは、You're Loadedという曲を出してます。

アンコール。客席から手拍子がなる中、スタッフが舞台をセットしてる。明らかにゲストたち用のスタンドマイクが4本。1本だけ長く、1本は短い。あとの2本はどっこいどっこい。長いのは松雪泰子で、短いのはbirdでした。ガイジン用かと思ったけど、松雪泰子のほうが背が高いようです。さすが女優。その4名をコーラス隊にして、最後はタイジご本人の「オレの葬式」で締め。

Taiji All Starsをmixi musicで見ると、Star Navigationが総合1位(1253)、微差で君が笑うほうへ(1234)、その後は大差が開いてBlessing Soul(330)ですね。featuringする面子の知名度に依存するかと思ったけど、hitomiとかUAとか、わりとビッグネームが下位に沈んでるからそうでもないのかなぁ。でもほんと、Star Navigationはよかった。
ヤイコ2days(私の中で)行ってきました。ということでネタバレです。この先を読んであなたに不幸がかかっても(そんなことはない)、当方は一切関知しない…ということで。健闘を祈る(何)。

前も似たようなことやったけど、いちおレポは京都ベースで、ときたま神戸国際会館のほーで違ったことあったら入れます。

ということで本編はたたんでるのでリンクからどうぞ。
チョット前にも書いたけど、知り合いのLiveに行ってきました。場所は千日前のANOTHER DREAM。よく考えたら、大阪に戻ってから、こういうライブハウスに行くのは初めて。縦長ですが、横幅もそこそこあり、結構広いですね。まあ、パン工場みたいな、明らかに商業ベースでやってるライブハウスが、こういうところより狭いというのに問題があると思うんですが…

一通りなんでもできる(ギター弾いてるの見たことある)らしいけど、今回はドラム。女性ドラマーって、臼井かつみくらいしか見たことないけど、真也とか、パワフルなドラマーが、圧倒的なパワーでたたいているのに対し、スピード、躍動感がすごい。

臼井かつみのページ、今回はじめてみたんだけど、案外小さい。154cmだって!? ど~でもいいですよ(もういいって)。

さて話は元に戻って、ドラムは私が言うまでもなく、リズムを取る楽器。でも、その子は、とてもリズミカルにたたく。全身でリズムを取る。大変大きく体を上下させる。上下に20cmくらいは動いてるかなぁ。体が軽いからね!体重は知らないけど(笑)、とりあえず真也があれくらい動くと、動くだけで音が出るんじゃないかという感じ(笑)。あ、そういやライブ終わったあと、本人と話したけど、まだ上下してたなぁ(笑)。

その子は2バンドに出てきたんだけど、最初のバンドは深層水って言って、その構成は、お天気お兄さん、学校の先生、そしてその子がDJ、というか、タレント?とにかく、みんな人前でしゃべるのに慣れてる人。このメンバーで2回目です!とか言ってたけど、とてもそんな風に見えない。

二つ目のバンドは、ANSHIN KITCHEN GENERATION。詳しくは知らないけど、やはり業界人のバンドらしい。ということでやっぱりトークはうまい。ベースが相当効いてたのは気のせい?それとも、最初からそういう狙い?フジケンさんのアクションが大きいから音も大きくなった?(それは違います) もっとも、私はベースの音が好きなのでおもろいなぁと思ってました。もしかしたら設定のミスなのかもしれないですが(笑)。

で、ANSHIN KITCHEN GENERATIONのステッカーもらっちゃいました。かわいいなぁ。



mixiのトップにも置いといた。ははは。

とりあえず、お天気お兄さんは翌朝の天気予報で見たけど、ほのかに声がかれてました(笑)。番組は6時スタートだから、3時とか4時には起きてるんじゃないかなぁ。
SAKURAライブではよくあるパターンなのですが、スタンディングのホールにパイプいすでした。まあそこまではよくあるパターンですむのですが、ご存知のようにHatchにはこの手のスタンディング向けのホールには珍しく2階席があります。で、その2階席は、親子連れ専用(ママ+子供専用?)となっていました。これは珍しいけど、SAKURAらしいといえばそうなのかもしれません。

席は自由席なので、開場時間に間に合わないと厳しいのですが、定時ダッシュで向かったはいいが、湊町リバープレイスに行かず、OCATについてしまって、「あれ、八角形の建物が向こうにあるよ」っていうお約束をやって間に合わなかったりしました。どーでもいいですが、八角形であることがなんばHatchの由来のひとつらしいです。

ただ、一人なので、結構前のほうに一人分の空きがあったのでそこへ侵入。5列めセンターです。うっひょひょひょ。まあこれもよくあること。

まずびっくりしたのが、SAKURAが金髪になってた!実は、昨年のドイツクリスマスイベントにSAKURAが緊急出演?して、そのときのイベントの司会者が知り合いなのですが(ぉ)、その人は知ってたらしい。つまりその時期からすでに金髪。ははぁ~。とはいえ、会場からは「SAKURA金髪かわいい~」と声が飛んでいたので、最近のことなのでしょう。

なお今日のセットリストは私の記憶によるのでかなり怪しいです。

* I believe

コール&レスポンスがある曲ですが、まだ最初なので場がそこまであったまってないし、レスポンスそのものはA.Pu'ah-liがやってくれます。

* IF YOU LOVE ME
* BUDDY TO BOO

最初の2曲は自信がありますが、その次が直ちにBUDDY TO BOOだったかはちょっと自信がないです。

* ?
* LOVE 4 REAL

えっと、?のところは何かを何曲か歌ったということで許してください(笑)。ちなみに前々回の日記で、「虹へのプレリュード」歌うだろうと書いてましたが、こっちでしたね。確かに、A.Pu-ah-liのコーラスを生かすにはこっちかもしれません。

* ?
* Oh we Oh
* ?

アコースティックコーナー
* コエヲキカセテ

アコースティックコーナーはギターの野口亮と二人。
コエヲキカセテを聞いたの久しぶりです。結構人気あるみたいですね。私もファンになったころは結構聞いていたのですが、最近は若干遠ざかっていましたが、やっぱりいいもんです。以前三田のイベントで、リクエストを受け付けたときも真っ先に声が上がってた気がします。

* MOTHER(ドディー)

A.Pu'ah-liのドディーがボーカルを取ります。
「彼の声はとても好きで…」とか言って、横で聞くのかと思ったらさっさとはけてしまうSAKURA。
いえ、お着替えタイムなのはわかりますが(笑)。以前の我那覇ライブでゲストのSAKURAが君のために歌ったとき、横で我那覇美奈はずっと聞いてたのになぁ(笑)。

* 街の灯(堺正章カヴァー)

この日は1月17日。神戸在住のSAKURAにとっては特別な日。そんな日に「なんばHatchという大きな会場でLiveができてほんとに幸せ」「あの地震の後、電気もガスもなくて…街の明かりが灯っただけで、ほろっと来たことを覚えてます。」とかいう趣旨のことを言ってました。

で、この歌を歌っていたのですが、途中でSAKURAが涙ぐんでしまって歌えなくなってしまいました。会場からは「SAKURA、がんばれ」の声もあれば、もらい泣きしている人も。

* (この曲歌えず)

で、「次も悲しい曲なんよ。歌えるかなー。」ということで、急遽この曲を後に回します。
何の曲を歌う予定だったかは、すぐにわかります。

* ?(カヴァー)
* いつまでも

もちろん最後はこの曲。

encore
* 君のために

さっき飛ばした曲がここに来てます。

鳥かごの中の二人 空へ解き放して
振り向かずに 飛び立とう


確かに悲しい曲です。むしろ、この曲は普通最後だろう、くらいの勢いですが。

なお、アコースティックコーナーの曲なので、アンコールでSAKURAが出てきて、せっかくみんな立ったのに座らされてしまいました(笑)。

* 新曲
* Sista Sista

最後は楽しく。アマプアリの人も前に出てきます。
新曲は、なんか曲名言ってたんだけど、忘れたなぁ(笑)。

全体の印象としては、かなりトークが多めでした。あと、2時間ということでだいぶ短め。ライブレポにでてる曲数が少ないのは、私が忘れたということ以外にもそういう事情があったりもするからです(弁解弁解)。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ価格
最新コメント
(07/16)
(06/11)
(05/31)
(11/12)
無題(返信済)
(09/29)
無題(返信済)
(08/24)
無題(返信済)
(08/18)
無題(返信済)
(07/04)
(06/18)
無題(返信済)
(05/23)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
二階堂P or けいぽー
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
ニコニコ動画

アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 二階堂Pのニコマス他の日記 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]