忍者ブログ
ADMINWRITE
趣味的ブログです。最近ニコマスPとしての日記になってきてるかもしれません。というか確定的に明らかか。
[59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

すごいぜ!JASRACっていうフラッシュが流行ってます。楽しい著作権のお話ってフラッシュもある。

いわく、JASRACは、料金を徴収するだけで、徴収した料金は著作者にほとんど払わない、著作者と利用者のもめごとも解決しない。有名なのはオーケン事件で、自分のエッセイに自分の書いた詞を引用したら、JASRACに金を取られて、しかし著作者である自分に1円も戻ってこなかった、と、されてます。

要は、JASRACは、料金を徴収する以外に何をやっているのかわからない、ってことを告発したFLASHですね。会計報告もしないと。

だいたい著作権ってのは、必要なんでしょうけど、実際、ほんとの著作者は、営利家というより芸術家なので、著作権にそれほど執着していないケースが多いのに対し、「では私が」と、お金だけを管理する団体(著作権者≠著作者)が別に出てきて、そちらが利益を管理しだすようです。でも、著作者も人生長く生きていると、それに対抗できる力を持つようになると、声を上げだすわけですね。坂本龍一がけっこうそういう声を上げてますね。

さて話は変わって。ミッキーマウス保護法って言葉があります。要は、アメリカの著作権法は、ミッキーマウスの著作権(1928年公開)が消滅する直前に何度も保護期間を延ばしてきたということです。直近の「延長」は2003年に切れるはずだった著作権を、1998年に、20年延長したということです。カラオケの延長じゃないんだから、「やっぱりあと20年ね」みたいなことを何度もされちゃあたまったもんじゃないです。

しかも、そこにディズニー社の介入があったということで、ディズニー社はいくらでも横車を押すし、アメリカという国は、あきれるほどあっけらかんと自己の利益のみが価値の判断基準です。それは、京都議定書の批准拒否からもわかると思います。

とはいえ、ディズニーのアニメはコンテンツとして強いから、ディズニー社には味方も多いわけです。例えば、次世代DVDで、ディズニー社がどちらにつくか、というのは、形勢を占う上で重要なポイントとされていると思います。現実にはBD陣営についていますね。資本主義社会の負の側面ですね。しょうがないところだとは思いますが。

そういうわけで、私は、ディズニーを好きになれません。自分たちは、著作権切れの著作物(白雪姫とか)をさんざ利用しておいて、自分だけ、著作権は切れさせたくないなんて…。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
わたしはディズニーすきだけど…いろいろあるんだね~φ(..)
まよ 2007/02/10(Sat)23:48:28 編集
携帯からコメント
キャラクターはたしかにかわいいんだよねぇ…
そういう意味では 著作者と著作権者が近いのは 分けて考えられないから不幸かも
音楽なら アーティストは好きだけどJASRACは嫌いってのが成り立つけど
世界のケイポー 2007/02/11(Sun)09:05:43 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ価格
最新コメント
(07/16)
(06/11)
(05/31)
(11/12)
無題(返信済)
(09/29)
無題(返信済)
(08/24)
無題(返信済)
(08/18)
無題(返信済)
(07/04)
(06/18)
無題(返信済)
(05/23)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
二階堂P or けいぽー
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
ニコニコ動画

アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 二階堂Pのニコマス他の日記 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]