忍者ブログ
ADMINWRITE
趣味的ブログです。最近ニコマスPとしての日記になってきてるかもしれません。というか確定的に明らかか。
[303]  [302]  [301]  [300]  [299]  [298]  [297]  [296]  [295]  [294]  [293
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パンダ?そんなことより聞いてくださいよ。

中国の春秋の五覇のひとりで、楚の荘王のお話。

「鳴かず飛ばず」
「鼎の軽重を問う」
「絶纓の会」

全て荘王に関係した故事成語です。楚国最高の英主といって誰しも納得する王でしょう。

王は、(ケッテイ)という馬のおかげで、戦場で難を逃れたことがあり、人間並みに遇していたらしいです。で、その馬が死んだときのこと。

王は群臣に喪に服して、棺などは大夫なみの待遇にするよう命じました。それが群臣に不評でしたとさ。まあ当然。だが、この人は英邁ですが、独裁的で人の言うことを聞かない。

司馬遷を宮刑に処したことが生涯の汚点でありながら、太陽王でありつづけているの漢の武帝や、比叡山の焼き討ちが生涯の汚点でありながら、天下布武を事実上成し遂げた織田信長に近いイメージです。

まあそれはともかく。その王を諫めたのが優孟という人。今で言うお笑い芸人でしょうか。「優」は俳優、「孟」は長男とか言う意味なので普通名詞かもしれません。

その人が言うには。の葬り方が不十分だと。王の礼で葬ったほうがよいと。楚国の国威をもってすれば、できないことなどない。

「まず、棺には彫刻を施し…(うんたらかんたら)」
「兵を動員して、墓穴を掘り、各国の使者を葬儀に参列させ…」
「その次には大牢を備え、所領は一万戸をつけ…」

「諸侯がこのことを聞けば、誰でも皆大王が、人を賤しみ、馬を尊ぶことを知るでありましょう」

これを聞いた英邁な王は、深く反省し、分相応の礼で葬ったといいます。

ああ、関係ない話だったでしょうか、すみません。

引用・参考:伴野朗著 「優孟の機知」 なんぞそれ神速なる 収録
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ価格
最新コメント
(07/16)
(06/11)
(05/31)
(11/12)
無題(返信済)
(09/29)
無題(返信済)
(08/24)
無題(返信済)
(08/18)
無題(返信済)
(07/04)
(06/18)
無題(返信済)
(05/23)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
二階堂P or けいぽー
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
ニコニコ動画

アクセス解析

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 二階堂Pのニコマス他の日記 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]